あなたの腰痛は内臓の不調が原因かも?

あなたの腰痛は内臓の不調が原因かも?

整体師が教える腰痛の原因と対処法。
那須塩原で肩こり腰痛専門整体院こころ整体院院長の石川です。

このタイトル、ドキッとしませんか?

でも事実です!!

当院では、内臓を整えることで腰の痛みがよくなる人がたくさんいます。
内臓の働きと姿勢、筋肉の状態は、常に関わりあっています!

なぜ関わっているかというと、

1つ目は、お腹の中で筋肉と内臓は膜を介して接触しています。
下の画像は、腎臓と腰の筋肉です。
腎臓と筋肉がくっついているのがわかると思います。

腎臓がストレスや食生活で疲労すると、腎が硬くなり、腎臓の膜(腎筋膜)が硬くなります。
そうすると、接触している腰の筋肉は硬くなります。
筋肉が硬くなって、腰痛になります。

姿勢、ストレス、
食生活→腎臓疲労→腎臓硬くなる→腰の筋肉硬くなる→腰の筋肉硬くなる→腰痛

といった流れです。

2つ目は、内臓と筋肉は自律神経でつながっています。
内臓と筋肉は相互に影響しあうといった生理現象があります。

例えば、虫垂炎のような激しい炎症が内臓に起こることで、腹壁が緊張する。
大腸で起きた問題が、背骨の脊髄を通って、脳へ伝達され、腰の筋肉が収縮します。
このように自律神経反射によって、内臓の異常が筋肉に異常を引き起こします。

ただし、ここで触れる腰痛に関係する内臓の異常は、病名がつくようなものではなく、
内臓が疲れるといった機能異常や位置異常のことになります。
例えば、胃腸の働きが低下したことが腰痛となって現れることもあります。
女性の場合は、生理などのホルモンバランスの乱れで、腰の痛みを引き起こすことになります。

では、なぜ内臓が疲労するのか?

原因
その① ストレス

その② 食生活
その③ 姿勢、体のゆがみ(体がゆがむと内臓もゆがみます)

この3つです。

腰痛に関して、特に影響が大きいのは、肝臓、腎臓、小腸、大腸です。

その4つの中でも、さらに影響の大きい肝臓、
腎臓の疲労チェックリストをあげています。

ぜひチェックしてみてください。

筋肉がけいれんしたり、脚がつったりする
時々、めまいがする
目の異常が現れやすい
血圧が高くなりやすい
イライラしやすい
体がだるい、やる気がおきない
生理周期が乱れやすい
寝つきが悪い
歯が弱い
耳鳴り、難聴になった
足腰がだるい
夜、トイレの回数が増えた
足の裏のほてりを感じる

いかがでしょうか?

東洋医学では、ツボや内臓反射点などを利用することによって、
内臓の働きを高めることができます。

また、姿勢やインナーマッスルを整えることで内臓の位置異常を改善し、
内臓機能を高めていきます。

つまり、体のゆがみや内臓を整える整体をすることで、腰の痛みだけではなく、
体に起こる不調もよくなっていきます。

きちんと原因を突き止めることで、腰の痛みは改善するのです。

腰痛で困っている方は、一度ぜひご相談ください。

合う合わないがあると思いますので、初回お試し2980円でお受けできます。
一度、お電話でお問い合わせください。

西那須野駅近く こころ整体院 院長 石川保
0287-53-7106

 

お気軽にお電話ください。

院名 こころ整体院
住所 〒329-2754 栃木県那須塩原市西大和4-3 長谷川ハイツ101
営業時間 平日 9:00~20:00
土曜 9:00~18:00
定休日 日曜・祝日
電話番号
0287-53-7106
駐車場 あり

関連記事

  1. マッサージに行っても長期にわたってなかなかよくならない肩こり…

  2. MRI、レントゲンで異常がない腰痛の原因はコレ!!

  3. 腰痛の原因とは?

  4. 腰痛の原因は腰じゃない!?